周知文

周知文の定形文案です.メーリングリストや,関係各位へのご案内にご利用ください.

----------------------------------------------------------
立命館大学主催 全国高校ソフトウェア創作コンテスト ICT Challenge+R 2013  作品募集について

【ICT Challenge+R 2013(アイ・シー・ティー チャレンジャジャー)とは】
コンピュータを使ってこんなことが出来たらもっと面白くなるのに・・・ こんなことが出来たら便利だな・・・ そんな思いを形にしてみませんか?
ICT Challenge+R 2013は、あなたの自由な発想や、オリジナリティ溢れるアイデアをもと に自ら作成したソフトウェアを募集する高校生を対象としたコンテストです。
「ICT で世の中を変えてやろう!」「ICT で億万長者になってやろう!」と野望を抱く高校生 の皆さん、あなたのチャレンジを待っています。

【募集部門】
        ☆「テーマ課題」部門
                与えられたテーマに沿って作成したソフトウェア
                ★2013年度のテーマは ”誰のためのソフトウェア?”
        誰かのためになる、誰かを喜ばせるソフトウェアを作成して下さい
        ☆「自由課題」部門
                自由な発想、アイデアで作成したソフトウェア

【審査基準】
        応募内容などを総合的に審査し、ファイナル出場作品(上 位 10 作品程度)を決定します。
        ファイナル出場者は、立命館大学びわこ・くさつキャンパスにて、作品について 10 分程度のプ レゼンテーションを行っていただきます。
        作品及びプレゼンテーションの内容を総合的に審査し、 各賞を決定します。

【各賞】
        最優秀賞:ファイナル出場作品の中から 1 作品(賞状および賞金 10 万円)
        協賛企業賞、奨励賞:ファイナル出場作品の中から選考(賞状および賞金または商品)
        チャレンジ賞:ファイナル出場作品以外から 10 作品程度(5 千円分の図書カード)
        参加賞:応募者全員(立命館大学オリジナルグッズ)

【参加資格】
「ICT Challenge+R 2013」(高校版)
  開催年度において、高等学校もしくは高等専門学校の3年生まで、またはこれらと同等と認められる学校の在学生
  ※個人・グループのいずれも可とする(グループは3名までとし、メンバー全員が上記参加資格を満たしていること)

【応募締め切り】
        2013年8月19日(月) 【必着】

【主催】
 立命館大学 / 情報理工学部 ICT Challenge+R 2013 実行委員会

【後援団体・企業】(5月22日現在)
        ・滋賀県
        ・滋賀県教育委員会
        ・京都府教育委員会
        ・大阪市教育委員会
        ・堺市教育委員会
        ・IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
        ・JEITA 一般社団法人 電子情報技術産業協会
        ・草津商工会議所
        ・大津商工会議所

【問い合わせ先】
        立命館大学情報理工学部事務室 ICTChallenge+R2013事務局
        〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1
        Tel 077-561-5202 / Fax 077-561-5203
        E-mail:  ict_challenge_plus_r@em.ci.ritsumei.ac.jp
        HomePage:   http://www.ict-challenger.jp/

【立命館大学AO 選抜入学試験「自作ソフトウェア提出型」における特典】
 立命館・全国高校生ソフトウェア創作コンテスト「ICT Challenge+R(2011~2013)」に個人でエントリーし、ファイナリストに選出された者およびチャレンジ賞を受賞した者は、立命館大学情報理工学部AO 選抜入学試験(総合評価方式)の「自作ソフトウェア提出型」において、自作ソフトウェアの提出を免除し、満点扱いとします。

 ※立命館大学情報理工学部AO 選抜入学試験(総合評価方式)については、「リッツネット」をご参照ください。
 URL:http://ritsnet.ritsumei.jp/
Comments